片付けたいけどどこから片付ける?お部屋の片付け方をご紹介

片付けたいと思っているけど、どこから手をつけたら良いのか分からない。
片付けられない病だから誰か片付けを教えて!
など、片付けにお困りの方は多くいらっしゃるのではないのでしょうか?
ここでは片付けに必要な物から、不要な物の決め方、片付けの手順やコツについてご紹介させていただきます。

片付けに必要な物

片付けに必要な物について考えましょう!
・ゴミ袋(地域指定のゴミ袋がある場合は指定の物)
・軍手(ゴム手袋)
・マスク
・汚れても良い服(長袖、長ズボンがオススメ)

最低限これだけあれば片付け作業は可能です!

どの部屋から片付ける?

リビングや台所、居室、トイレ、脱衣所、ベランダなど色々部屋がある中でどこから片付けるのが効率が良いのか分からない方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
片付ける部屋のオススメの順番をご紹介します!

オススメ!! 玄関、廊下から片付け
玄関と廊下を先に片付けることでゴミを捨てに行く導線ができます。
これをすることで後から部屋やキッチンまわりなどの片付けをした際に非常に楽ができます。

部屋の片付け作業の方法

いらない物、ゴミをゴミ袋に入れていく単純な作業と思いますが、片付けがあまり得意ではないかは迷ったりして時間が掛かってしまい、最終的に片付け作業が嫌になってしまいます。

片付ける物のジャンルを最初に決めることが大切です!
例えば衣類が多く、散らかっているのであれば衣類を優先的に梱包することが大切です。

また候補として、一般ごみの回収日が近い物にあわせてゴミ袋に詰めていくことで、回収日までに袋詰をしたゴミ袋を置いたままにしなくて良いのでオススメです。

いる物、いらない物の分け方

「いる物、いらない物がよくわからない」、「まだ使うかもしれない」などどれを捨てるべきで何を残すべきなのか迷ってる方が多くいらっしゃると思います。

捨てるべき物を選ぶ基準を候補としていくつかご紹介します。

・同じものを複数持っている場合は1つを残して捨てる
・1年使ってない物は捨てる
・壊れているもの
・もらった物で使っていない場合
・汚れている物
・街中でもらい溜め込んでいる物(ポケットティッシュ等)
・数が溢れているもの(コンビニの袋等)

この様な基準に該当する場合は捨ててしまいましょう!

大まかな片付けの後は整理整頓が大切

不要な物を捨ててスッキリとしたところでそのままにしておくとまた散らかり始める原因となります。

整理整頓をしておくことで、部屋が散らかりにくくなり対策としてもオススメできます。

整理整頓はキレイに並べることが目的ではありません。
もちろんキレイに並べることは見栄え的にはとても大切ですが、
日常的によく使うもの、普段あまり使わないものと分けたりと普段の生活の質を上げることが目的です。
そのため整理整頓は大切にすべきことです。
大まかな片付け作業が終わったら整理整頓をしましょう!

整理整頓後の掃除はどうすれば良い?

整理整頓後これを機にすごくキレイにしたいという方は、キッチンやお風呂場等水回りを優先的に掃除をしましょう!

掃除の時にあった方が良い道具や洗剤をご紹介します!
・ゴム手袋(使い捨てがオススメ)
・雑巾またはボロ布
・掃除機
・ブラシ(大・小)
・マイペット(洗剤)
・マジックリン(洗剤・キッチン用)
・マジックリン(洗剤・トイレ用)
・マジックリン(洗剤・お風呂用)
・マジックリン(フローリング用 ワックス系なので最後に拭き上げ)
・カビキラー(洗剤)

以上です!

洗剤は掃除する箇所によって使い分けが必要です!

細かいところの掃除も意識してみよう!

基本的に掃除と言われると床掃除キッチンやトイレ、お風呂場をキレイにするイメージがありますが、細かいところに目を向けるとカーテンレールの上、窓のサッシ、換気扇、照明器具等があります。
普段手の届かないところや毎回掃除できないところをこれを機に掃除してみましょう。

まとめ

長々と掃除についてご紹介いたしましたがまだまだここでは書ききれない程です。
その他記事でもゴミの処分方法やお片付けについてご紹介しておりますので、ご覧いただければ幸いです。

お一人で厳しい場合や時間が無く片付けができない場合は弊社にご相談下さい。
大物家具の処分や、お部屋内のゴミをまるごと処分しクリーニング作業まで対応が可能です。
お客様のお力になれるよう努めておりますので、機会がありましたら弊社を頼っていただければ幸いです。