実家の片付けを自力で片付ける方法

実家の荷物の量がかなり多く、片付けるのに時間が掛かってしまう。
実家がゴミ屋敷、ゴミ部屋となっていて片付けたいが遠方で中々片付けられない。
上記のような悩みを持たれている方が近年多く見受けられます。

このような場合は費用は掛かりますが、業者に頼むのがベストです。

実際問題、費用をそこまで掛けたくないと思います。
ここでは実家の片付けを低価格で実施または自力で行う方法をご紹介致します。

■実家の片付けに必要な物
・ゴミ袋(市区町村の指定ごみ袋か確認)
・軍手またはゴム手袋
・マスク
・動きやすい服
・雑巾やタオル
・粗大ごみ等の運搬に使う車の手配
・台車等

■実家を片付ける方法として
・親族等でみんなで片付け ◎
・自力のみで片付け △
・自力+片付け業者 ◎
・片付け業者 ○

■ゴミの分別の種類
・燃えるゴミ(可燃物)
・燃えないゴミ(不燃物)
・カン
・ビン
・粗大ごみ


親族や身内で協力して作業できる場合は協力して作業した方が良いでしょう。
一人での作業の場合時間の目安として
1k~1LDKで1~2日程度
2k~2LDKで2~3日程度
ゴミの分別、梱包だけで掛かると思います。

注意点・ポイント
粗大ごみは各市区町村で決められた金額で捨てなければなりませんので事前に予約と粗大ごみシールの手配をしなくてはなりません。
混み合う時期だと粗大ごみの回収が3週間後などかなりの期間待たなければなりませんので注意が必要です。

またテレビや洗濯機などはリサイクル家電に指定されているため粗大ごみで捨てることができません。

まとめ

一人だけでは厳しい場合は自力+片付け業者をおすすめしております。
燃えるごみ、1人で運べる粗大ごみ等は処分していただき
難しいゴミ例えば解体が必要なベッドやタンスなどの大型家具は業者にお願いするのが良いと思います。

また有価物(リユースできるもの)がある場合、処分料が有価物分だけ掛からない場合もありますので事前にゴミの内容をお伝え頂ければお客様がゴミだと思っているものもリユース(無料回収)できる場合があります。

※有価物の価値が回収費+運搬費を上回っている場合のみ無料回収となります。