親族の家、実家がゴミ屋敷になっているその場合の説得や改善方法

親族、実家がゴミ屋敷になってしまい片付けに困っている方からのご相談を近年多くいただいております。
ここでは実際にある問題から改善方法までご提案させていただきます。

親族の家がゴミ屋敷になってしまう理由

親の家がゴミ屋敷になってしまう理由は次の可能性があります

・老化により足腰が悪くなり思うように動けずゴミを溜め込んでしまう
・「いつか使う」と思い捨てられない(もったいない精神)
・病気によりゴミ捨てが困難(精神的な病気や認知症等)
・めんどくさがりな性格でゴミが溜まっていても気にならない
・ゴミを貯めることで(自己防衛・喪失感・愛着心)を埋めている
・家事をする時間がない

一例にはなりますが上記の様なことが多く見受けられます。

ゴミ屋敷の原因別対処法として

・老化により足腰が悪くなり思うように動けずゴミを溜め込んでしまう

こちらは身体的要因に分類されます。
ケガ等の理由で毎日のように整理整頓、ゴミ捨て場までゴミを捨てに行くことが困難なためお近くにお住まいの場合は定期的にサポートすることをオススメいたします。

・「いつか使う」と思い捨てられない(もったいない精神)

こちらは心理的要因に分類されます。
歳を取るごとに人生経験も増えるため必要な物と不要な物の区別が付かなくなるケースが多く見受けられます。これはしばらく使わずに取って置いた物がしばらく経ってから使うことがあった経験がありそこからあまり物を捨てなくなった等のきっかけがあります。
心理的な要因ですので考え方や心の持ち方を変えさせてあげる必要があります。
一般的に「1年使わないで取って置いた物は一生使わない」と言われております。
この様な知識や「近隣に迷惑が掛かっている」など第三者から伝えるのが効果的です。

・病気によりゴミ捨てが困難(うつ等の精神的な病気や認知症等)

こちらは医学的要因に分類されます。
病気が治ることが一番ですが、そんなに簡単に治るのであれば苦労はしません。
長期的にサポートしてあげましょう。

・めんどくさがりな性格でゴミが溜まっていても気にならない

こちらは精神的要因に分類されます。
後でやろう、今度やるといった理由で徐々にゴミが溜まってしまうので考え方を改める必要があります。
「後でやろう」を「今少しだけやっておこう」に変換させてあげましょう。
説教の様な言い方だと相手のやる気を損ねてしまう可能性がありますので「一緒に今少しだけ片付けよう!」などとサポートしていきましょう。

・ゴミを貯めることで(自己防衛・喪失感・愛着心)を埋めている

こちらは心理的要因に分類されます。
心理的な要因は考え方を改める必要があります。
ゴミがあることで守られている感じがするなどゴミや物に愛着心が付いてしまい捨てられない等、捨て辛くなる理由が付けられてしまいます。
この様な場合は、一気にゴミを片付けると解決していく可能性がありますのでお時間が許す限りまとめて片付けしていくことをおすすめいたします。

・家事をする時間がない

こちらは、時間的要因に分類されます。
仕事と私生活バランスが乱れていたりといった理由が考えられます。
仕事に重きを置き過ぎてしまい私生活を乱すことは個人的にはオススメではありませんが、やむを得ない場合があると思います。
ゴミを一袋まとめるのには数分で済みますので、1日5~10分程度でも少しずつでも構いませんので時間の確保をするなどのアドバイスをすることがオススメです。

まとめ

親の家がゴミ屋敷になってしまう理由はそれぞれです。
一番近くにいる人のサポートが必要だと思います。

しかし、自分自身で片付けるとしてもかなあり精神的にも負担になると思います。
弊社ではゴミ屋敷片付け業者としてゴミ屋敷の片付け、清掃を承っております。
ゴミ屋敷になってしまう原因やその気苦労も心得ております。

ご相談からご依頼までお気軽にベンリーズプラザまでお問い合わせください。