ゴミ屋敷になってしまう心理その病気の予防法

ゴミ屋敷になってしまう理由は様々です。
ゴミ屋敷となってしまう理由や今後の対策やゴミ屋敷片付け業者に頼むメリットをまとめさせていただきました。

ゴミ屋敷に住む人の心理状態

ゴミ屋敷になってしまう方は

・必要だと思っている(もったいない精神)
・買い物を良くしてしまう(収集癖等)
・過労による過度なストレス
・病気により片付けられない
・元々整理整頓が苦手
・必要な物と不要な物の区別がつけられない
・ゴミが溜まっている状態が気にならなくなった
・足腰を悪くしまってゴミを捨てに行けない
・やる気が起きない

など上げれば数多くの原因があるかと思います。

どうすればゴミ屋敷を片付けられるか

実際どのようにしてゴミ屋敷を片付けて行けば良いか分からない方が多くいらっしゃると思います。

ゴミを処分するにあたってまず分別をして袋に入れる必要があります。
お住まいの市区町村にて指定の袋や分別方法がありますので確認してください。

分別の一例として
・カン
・ビン
・ペットボトル
・燃えるゴミ(可燃ごみ)
・燃えないゴミ(不燃ゴミ)
・プラスチックゴミ
・紙
・衣類
・ダンボール
・粗大ごみ(粗大ごみシールの用意)
とあります。

最初にこれらを分別しゴミ置き場まで運ばなくてはなりません。
これはご想像の通りかなりの労働と時間が掛かる事となります。
経験上6畳のお部屋一室で通常のゴミ袋(45L)で50~150袋程度詰めなくてはなりません。
又、市区町村で定められた曜日、時間に指定通りにゴミ置き場まで持っていき粗大ごみの場合は各市区町村に粗大ごみの回収の連絡をしてから回収日に外に出さなくてはなりません。

一度に大量のゴミをゴミ置き場に持っていくと近隣からのクレームやトラブルになりかねませんので少しずつ定期的に出す必要があります。

これらを加味するとかなり気の遠くなる作業ではないでしょうか。

弊社にご連絡いただければ概算でのお見積りの他に
作業のアドバイスも可能ですのでご相談だけでもご連絡ください。

自分で片付けるか業者に頼むか

ゴミ屋敷片付け業者に頼むか自分たちでどうにか片付けるかどちらが良いか…。

ゴミの量が少なく時間にも余裕がある場合は、ご自身で対応する方が費用があまり掛からないため良いでしょう。

短期的に全て片付け、処分をしたい場合は、私共(ゴミ屋敷片付け業者)に依頼するのがオススメです。

下記にまとめます。

デメリット
・費用が掛かります。(処分費を安くする取組みをしています。)

メリット
・短期的に片付けられる(精神的にも楽になります。)
・分別の必要がない(弊社で分別いたします。)


業者の中には分別しないゴミ屋敷片付け業者もいますが弊社では分別作業しますので他社より実際にかかる処分費用を下げられるためお客様にご負担にならない金額で作業することが可能です。

詳しい金額についてはコチラ

ゴミ屋敷の再発防止として

ゴミ屋敷を片付けた後、再度ゴミ屋敷になってしまうのか心配な方もいると思います。

ゴミ屋敷は、一度片付けると再発防止率が80%以上と言われております。
それでもなお心配な方は、定期的に回収に伺うこともできますのでご相談いただければ幸いです。

一緒にクリーンな環境を作り上げていきましょう。